永岡商事の沿革

明治42年
初代永岡長右衛門により、
菓子(羊羹)の製造業を山口県長門市にて開始する
大正12年
法人化に伴い、軍の指定工場として朝鮮京城に渡る
軍の携行食(夜食)に眠気を抑えるコーヒー羊羹を開発し好感を得る
昭和21年
終戦により引き揚げ、広島を拠点とし、二代目永岡孝三郎により、永岡商店を再開
昭和25年
警察予備隊に納入する
昭和29年
自衛隊創設に伴い、陸・海・空に納入する
昭和36年
三代目永岡義昭により、
永岡製菓株式会社を設立
昭和52年
永岡商事株式会社と社名変更
平成1年
北海道支店(北海道札幌市)開設
平成2年
関東営業所(埼玉県狭山市)開設
平成7年
関東営業所を関東支店と改称
平成8年
10月 資本金を4,500万円に増資
平成14年
東北営業所(宮城県仙台市)開設
平成15年
九州営業所(福岡県福岡市)開設
平成16年
四代目永岡政明就任と同時に社屋を移転
平成20年
北海道支店を移転
平成21年
名古屋営業所(愛知県名古屋市)開設
平成23年
東広島工場(広島県東広島市)開設
広島支店開設と同時に各営業所を支店に昇格
平成25年
営業拠点の再編により、各支店を本社に統合
東北(宮城県)、九州(福岡県)に連絡所を開設
平成26年
3月 本社を東広島工場(広島県東広島市)敷地内に移転
10月 資本金を9,500万円に増資